おいしいものを、ちょうどよく。

更新日:2021年1月26日

最近おいしいものがたくさん食べられなくなってきた。周りに効いてもそんな回答が多い。価値観が変わってきたのか、それとも胃の働きが良くないのか・・・


昔はすごくテンション上がったのに、今は体調によるなぁ。


そもそも大人になると、代謝が下がる。

なんて話があるが、日々の積み重ねの中でちょこちょこ食べることに慣れている。その結果として総量は変わらないけど、胃のキャパシティが増えていたりする。


こういう時、食事も運動も積み重ねによって結果が生まれるというのはすごく感じる。


食事はエンタメだ!


なんて言葉がある。この言葉には同感だし、エンタメに魅了されている。

このエンタメを全て追おうとすると、追い切れないほどの量になるし、1日にたくさん食べていかないといけない。でも、それをしている人は沢山いる。


そして、贅沢なものでは無くても食事が楽しみな人が沢山いるということも大きな理由だろう。


そんなエンタメも楽しみすぎると弊害が出てきてしまう。


太ることである。


これは嫌だ・・・


では、どうしていくのか?


楽しむ量を考えていくしかない。

程良くでやめる。また、間食も食事なんだという意識を持つことが大切になってくる。

食事のルールは話せばたくさんあるが、【食事量とカロリーはイコールではない】というのは意識したほうがいい。


少しの量(例えば菓子パン)でも、多くのカロリーが含まれている。

でも、おなか一杯にならないのでしばらくしたら、また食べてしまう。

それならば、チキンなどを食べるほうがおなかも満たされるし、カロリーも実は抑えられたりする。


【足るを知る】は本当に大切。


長く楽しむために、少しで多くの幸せを感じたい。



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示