健康的な食事って、何を指すの?

更新日:2021年1月26日

健康になりたい。


このブログでもテーマにしていることでもある。

僕自身は、なにも気にしなくても日々送れているというのは十分に健康なんだと思っている。そこに目的や楽しみがあれば、なおいいというのが主張だ。


僕が思う食事の答えは、楽しみは少しづつ、量もちょうどよくである。


(これ、ちょっと多いな・・・)


一番難しいかもしれないが、これが一番太らないし身体の調子もいい。


そもそも運動の質問は決まった答えがあったりもするが、食事に関してははない。


まず、ここで食事自体の目的を考えてみたいと思う。


目的としては、

1.栄養補給

2.娯楽

が、ほとんどなんだと思っている。


栄養補給は基礎代謝量に沿った三大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)のバランスの話だ。その栄養素を取ることで身体に必要なものが取れるので健康!という話である。しかし、その通りに食べる人も少ない。厚生労働省で示している条件が厳しいので、実際にできる人は少ない。

また年配の方とかになってくると、内蔵機能が弱ってくるので必要量が食べられなくなってくる。


好き嫌いなども含めて、食事の制限が多いのも問題かな?


実は一番健康の邪魔になるのは、娯楽としての考えだ。



食事が楽しいこと!というのは僕も賛成で、楽しんで食べることは本当に大事である。三大欲求の一つだし。


しかし・・・


楽しみすぎる人が多い!!!


量がたくさんあることが幸せ。

いつもスイーツを食べないといけない。

限定品と聞くとついつい・・・


様々な形で食事の誘惑は存在するし、そこで理性を失う人もたくさん。

この気持ちのコントロールができるのか出来ないのか?


ここが健康的な食事の価値観につながるんだと思います。


楽しみを少しづつ、ちょうどよく。


これが僕が思う健康的な食事。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示