満腹になるとは?

更新日:2021年1月26日

なかなか満腹にならない。



こんな話を聞くことがある。


僕は思う。


そんな馬鹿な!と。


僕はあんまり関心がないのか、量がいらないタイプなのかおなか一杯じゃなくてもいいんですよね。


おなかいっぱいって、不便ですよね。


眠くなるし、苦しいし。あとおなか一杯になる前に飽きちゃいますね(笑)


そもそも満腹とは?


・胃がストレッチされて、副交感神経が働くこと。

・約20分ほどで血糖値が上がってくるのでそのタイミング。


で起こる現象。


胃などの内臓も筋肉なので、伸びたり縮んだりします。胃の中に多くの食べ物が入ることによって、胃が膨らみます。その時にお腹がいっぱい!というサインを出すんです。また食べている最中にも食事の栄養は吸収されていきます。その時に糖分が吸収されて、血糖値が上がります。

その時に満腹中枢が刺激されて、満腹になるという仕組みです。


これが起こらない、起こりにくい方は、


・胃のストレッチ幅が大きい ・飢餓反応(減量明けとか?)

・ホルモン応答が鈍い


なんかがあるのかな?


特に減量から解放されたときは、結構食べ過ぎてしまうことが多いです。飢餓って身体にとってかなりのストレスなので。


まぁ、なんにせよおなか一杯が分からないのは問題なわけです。


人としての機能・感度が落ちている。


満腹を感じるには、どうするのか???


食べる量を減らしていく!これしかない!


結局・・・根性です。


まず2週間、この期間が大切。


身体の感覚ってリセットされることもあるんです。


ほら、久々にすることって忘れてたりしませんか?


食欲にも適用はもちろんされます。


感覚を上げるために、間隔をあける。


達成した時には、空腹の快適さに気づくと思いますよ?

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示