top of page

生活にハリを出すには、多少の負荷は必要。

さて、年始に立てた目標はできていますでしょうか?僕は多少は目的意識を持った生活をしています。


また緊急事態宣言延長などで、盛大に予定が狂ったのでまた何ができるのか?を考えないとな、と思うこの頃。



こういうタイミングだからこそ、いつもならしないことにチャレンジしてみたり、何かとハリのある日々になるかを考えることは大切です。


前向きに生活をする、となると大事なのは、日々に負荷をどれだけかけるか?が、すごく大切かと思うのです。

逆に、あまりにも負荷が大きいと人の身体にはやはり毒です。


例えば、運動がしたいのであればストレッチや散歩から。トレーニングも腹筋10回をするとかハードルは低くていいんです。


そこから、徐々にレベルアップして当初の目的に辿り着くこと。


それが大事。


大事なことは、継続です。コツコツいきましょう!


コツコツがうまくいかない時に考えることは、こちら!


本当に全部必要ですか?

何か始める時に躊躇する人に多いのが、全てをきちんとやろうとすること。

全てできればベストだと思いますが、時間が許さないし気分ものりません。そんなときはやれそうなことだけやっていきましょう。


できないのは悪くない、でもやらないことが悪いと僕は思う。


最初から難しいことしようとしてませんか?

意外と多いのが、設定ミス。

自分のレベルと課題があっていないと、進捗がわかりにくいことがあります。

そうならないために、課題のレベルは初めはもの取り合いくらいで設定しましょう。そうすることでモチベーションの維持にもつながります。


この2点、意識してもいいかもしれません!

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不便が人を健康にする。

先日、実家に帰省してきました。 行くだけでなんやかんや7時間くらいかかるので、本当に年1回しかいかない。 今回は祖父母への孫見せ。もう祖父母もいい歳なので、このタイミングは逃せない。 車がないと不便な街。 都内にいると感じないが、交通の差がすごい。 電車一つ逃すと30分は来ないし、22時をすぎるとあたりはもう真っ暗だ。そんなことは田舎に来ないとないことかもしれない。 ただ、自分でやらないといけない

Comentários


bottom of page