top of page

自分の感情を知るということ。

更新日:2021年2月18日

昨日、ハートドリブンを読み終わった。


タイトルだとなんとなく怪しそうな感じですね。

内容としては、この著者がどういう心境の変化をし、どう乗り越えてきたのか?というエッセイのような感じ。


起業という大きなことをして、自分の感情がなくなってしまう。自分は何を感じているのかをどう表現したらいいのか?という葛藤が書かれています。


自分と向き合う。

簡単なようで難しいこと。自分というのは自分が一番わかってないですし、自分の可能性を一番信じていないのも自分だったりする。


どうしたら信じられるのか?自分がどういう風に感じたのか?そういう感情の揺れ動きを自分で理解していく。

そして、自分というものをより深く知り、自分を愛していく。


本当にこういう時に見失いそうなことを、今大事にできたらこれからの日々ってすごく大切な時間だと思って過ごせると思うんですよね。


大切なものや価値観は、当たり前を失ってから気が付く。


今のタイミングで読めたのは、日々に少し参っていた自分にはすごくよかったです。





閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不便が人を健康にする。

先日、実家に帰省してきました。 行くだけでなんやかんや7時間くらいかかるので、本当に年1回しかいかない。 今回は祖父母への孫見せ。もう祖父母もいい歳なので、このタイミングは逃せない。 車がないと不便な街。 都内にいると感じないが、交通の差がすごい。 電車一つ逃すと30分は来ないし、22時をすぎるとあたりはもう真っ暗だ。そんなことは田舎に来ないとないことかもしれない。 ただ、自分でやらないといけない

Comments


bottom of page