身体のケアと、物のメンテナンス。

靴の修理へ。

先日雨の日用のブーツをメンテナンスに出した。ブログを書いている本日は大雨。春の嵐。なんで先日出してしまったんだ・・・という後悔はあるが、靴がダメになる方が困るし他にも履くものはある。



僕にとって大事なのは、そのブーツを長く使えるかどうかだ。


しかし、どんなものでも寿命みたいなものがある。

もちろん身体にも。

その寿命をどのように伸ばすのか?


適度に使う、そして適度に手入れをする。

これは、どんなものにも言える。

身体も使ったら休ませないといけないし、物だって休ませないとすぐに壊れてしまう。


使ったら、手入れが必要。


今の年齢になって本当に感じる。手入れをすることで、物は使いやすさが変わる。そして身体は軽さが変わるのだ。


疲れを次の日に引きづらない、というのは本当に快適である。

この心地よさは、仕事の効率にも関わる。特に僕ら接客に関してはお客様に与える影響が変わるのでは?と思っている。


自分が疲れているままだと、人のことを受け止める余裕はないしうまいアイデアも浮かばない。


自分を定期的に労うことで、相手のことも考えられると思っている。


何かを思う気持ちを持つには、ものを大事に使うのも一つ

30歳を超えてくると、何か長年付き合えるものが欲しくなってくる。そういうものには気持ちが入っているので手間も惜しまない(時々面倒だけど・・・)


そういう何かを大切にすること、という経験は自分を満たすことにつながると思っている。その繋がりで自分の身体にも手間隙をかけて、長く使えるコンディションを作っていきたいし、そういうことをこのブログでも書いていきたい。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

気がつけば7月。 このブログは随分とご無沙汰になりました。 サーバー代の引き落としを見て、いかんいかんとこんな時間から書き始めています。 子供の成長速度が凄まじい 4月から保育園に行くようになり、毎回連絡帳にその日あったことが書かれるのですが毎回あるってすごいなと。そして毎回丁寧に書いてくれる保育士さんありがとうございます。 本人は1日1日が必死なんでしょうけど、そんな変化がたくさんあることに大人